« 2009年12月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

女子フィギュアの史上初×2

打ち鳴らそうとした「鐘」=浅田真央物語、完結〔五輪・フィギュア〕

http://vancouver.yahoo.co.jp/news/ndetail/20100226-00000057-jij_van-spo

真央ちゃんはトリプルアクセルを二度も成功させ、キムヨナはフリーだけで150点とか驚異の数字。

キムヨナの得点は取りすぎとかいう人もいるし、まあ実際、多少のご祝儀ポイントも入ってるとは思うけど(ヨナはもう、半分カナダ人みたいなもん^^;)、だからといってインチキなんて言えない、あれは真央ちゃん派の私が見てても、非の打ちどころのない演技だった…。

個人的に言わせて貰えば、メダル争奪戦に関しては、完全にキムヨナの作戦勝ちだと思う。

オリンピック開催の地カナダを練習地に選び、カナダで人気のあった元スケーターをコーチに選び、カナダ(アメリカ)人にウケのよさそうな曲選び。さらに、それらの曲はキムヨナにとても合っている。もう、メダルゲットの為の長期計画ですよ。

一方の真央サイド、今までの"可愛い"路線から脱却したくて、仮面舞踏会やら鐘やら、敢えて重っ苦しい曲を選んだのか。タラソワはもともと、「鐘」という曲はミシェル・クワンの為に用意した曲だったらしいんだけど、故障で使えなかった幻の…というか、これってタラソワの恨み節なんじゃねーの?という気が(笑)。

迫力はあった。もう、鬼気迫るものが。

でもぶっちゃけ、彼女にはあんまり合ってなかった、と思うのよ。

だってどう考えても真央ちゃん可愛いんだもん。これは仕方ない。

(「愛の夢」も候補にあったようだけど、確かにそれもどうかと…;。根本的に曲選びが間違ってるような気が^^;;。その点、ミキティや鈴木明子は、どちらも自分に合った選曲だったなあ。鈴木はよかったわー^-^)

まあそういういきさつで真央ちゃんに回ってきた「鐘」、合ってないという声は私以外からもあがってたようだけど、今度は真央自身が「一度与えられた曲を消化出来ないうちに変更するのは嫌」って思っちゃった。判るけどね。

そういうようなゴタゴタした?事情もあって、総合的にはキムヨナ陣営の作戦勝ちだったなあという印象でした。

でもこれは、あくまでも「金メダル」の話ね。

真央ちゃんが悔しかったのは、金メダルが取れなかった、キムヨナに負けたという気持ちよりも(全くないとは言わない)、自分の理想とする演技が出来なかったからなんじゃないのかな?

マスコミは真央とヨナの勝ち負けばっか煽りたててるけど、二人とも他人がどうとかいうより、自分の演技をどれだけ完璧にこなせるか、自分のプログラムとの戦いだったんじゃないかって気がしてます。

今回は、上位選手、あんまり目立った失敗がなかったのが凄かった。

ハイレベルな争いだったなあって思いました。

|

結構好きなキャスターさんです。

<丸岡いずみ>「ミヤネ屋」降板 夕方の新ニュース番組に専念 宮根アナとのかけ合いで人気

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100225-00000002-mantan-ent

たまたま今日見ました。

確かに、注目されたのは「ミヤネ屋」でいじられてたのがきっかけのひとつなんだろうけど、この人の経歴をみるに、はっきりとした目標があるようだから、ブレずに頑張って欲しいです。

報道姿勢に好感が持てる方だと思います。

|

医者?の不養生?

山本病院事件、容疑者が死亡=留置場で突然倒れる-逮捕後診断、急性腎不全・奈良

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100225-00000083-jij-soci

いびき…脳疾患でしょうね。

まあ、食べてない&寝てない&ストレス200%とくりゃ、確率もアップするだろうけど、なんだかなーって人生ですね。

|

品行方正なイメージじゃないもんなあ

下腹部に銅メダルぶら~、女がキス

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100221-00000017-sanspo-spo

ウィンタースポーツでも、スノーボード(特にハーフパイプみたいな種目)は、ちょっとストリート系の兄ちゃん姉ちゃんがするイメージじゃんね。

オリンピックに出場する時くらい、公私の区別つけようよと思わなくもないが、そういうことが出来ないから(一般人として多少の欠陥があっても、選手として)優秀なのか、これはもう、外野には判らん傾向(笑)。

そもそもオリンピックの種目にしちゃったのが間違いなんじゃ?

口から水を潮吹きしても、パーティでハメ外しても、世間からクレームが出ないような、世界大会を作ればいいと思うよ。

なんかその方がお互いの為のような気がしてきた。

|

うっかり人殺し★の危険

シー・シェパードの船籍剥奪 トーゴ政府

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100220-00000042-san-pol

まあ別にこの記事じゃなくてもよかったんだが、この政治的売名行為団体について。

「クジラたんは哺乳類!!あんなにかわいい動物を!我々と同じ哺乳類を!知性がある生き物を!食べるなんて野蛮!!」…という建前なんかスケスケに透けて見えるほど真っ黒けの団体ですが、一応パフォーマンスとしてなんかぶつけたりぶつけたりしてる程度で済ませてるつもりなんでしょうけどね。

うっかり人に命中しました、うっかり他国の人間殺しちゃいました★ってことになったら、どこのバックスポンサーが動くのかなー?と、この団体がニュースになる度に思ってますヨ(^o^)/

|

素直に応じてくれたんだろうか(笑)

男性の航空乗客の強烈な体臭で搭乗拒否、「すごかった」と証言も

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100219-00000007-cnn-int

乗せる前からなんとか出来なかったのかね…?

待合スペースとかにいる時点で既に臭ってそうじゃん。

我慢出来ないくらいの悪臭で思い出すのは、昔々山手線に、新宿だったからか乗ってきた浮浪者の方。ありえないおしっこ臭さに、その車両の客が隣に避難してたが、あれもなんとかならなかったのかと思った^^;;(ちなみに私はその電車降りました(笑)。さすがに最近そーいう人は見かけないが)

電車とかはまだいいよ。途中下車出来るもんね。飛行機で途中下車って不可能だから。

国内線だけど、三つほど斜め前のオヤジが、靴脱ぎ出した途端の悪臭に、一時間ほど付き合わされたのには、ほとほとまいった記憶もある…(あの時ほどマスク持っててよかったと思ったことはない(笑))

…日本なら、一旦乗せてしまった客を下ろすのは難しいだろうなー。

|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年3月 »